さくらの季節

SONY DSC

宮川堤、五十鈴川、横輪、桜めぐり。

宇治橋わたって伊勢神宮神苑で横綱の奉納土俵入りも観ることができました。
DSCN6434

***********************

広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

COOL&CUTEなら

何年も前から行きたかったけど(ま、いつでも行けるからいっか)と行ってなかった奈良に行って来ました。

奈良公園でまず鹿せんべい買って鹿と戯れる。鹿の切られた角の根元は軟らかいこと確認。子どもたちも鹿に襲れることなくふれ合えて良かったデス。

wifeと喧嘩になりながら自分のみ希望の興福寺阿修羅像を観に一人で国宝館へ。並ぶことなく混雑もなくチケット買え観覧できました。

2017年に建物の改修ありデザインもおしゃれになっていました。阿修羅像以外にもその他八部衆はじめ、金剛力士像、千手観音、鬼、仏頭など見ごたえ充分な像が多数。スポットライト浴び静かに立つ像たち、資料集やガイドブックでは知りうることのできない美しさをその影やその場所の空気から感じることができました。夜、ウルトラマンフィギュアを握りしめ寝ている子どもたちにもあのかっこよさをみせてやりたかった。

子どもらが公園内でわらび餅とうどん食べているところに合流し、さらに移動し博物館地下のカフェで昼食後、生駒に いこまいと車で移動。平城京跡公園を通りすぎ生駒スカイラインで宝山寺まで。そこからケーブルカーで山頂目指す。大正創業の日本最古のケーブルカー。

なかなかお目にかかることないデザイン、電飾でピカピカもするのが素敵♥️イヌ型ケーブルカーのブル。ミケもいます。近鉄やるなぁ。

車内も段々になっていていて外見も中身も非日常な乗り物に乗れて良かったです。

ドレミ号で山上遊園地に行き、これまたなかなか無いドラえもんの乗り物(100円)、ドラえもんと一緒にタイムマシン型の乗り物乗るというのではなくドラえもんの内部に乗る!声は大山のぶ代さん。

昭和がビシビシ感じられるスポットです。

ぷかぷかパンダに乗り、水鉄砲でカエルやらシューティングするちっこいアトラクション、都度400円の乗り物チケット買って。なかなか平成も終わろうかとしている時代に見かけないデザイン満載のレトロ遊園地に懐かしさを感じショートケーキのケーブルカー「スイート」で帰路につきました。

夕御飯は天理で一時間並んで彩華ラーメン。お皿の底の中国っ子にありがとう。奈良はCuteな場所でした。

今日の一曲♪ドラえもんのうた

映画ドラえもん『のび太の宝島』を観に行ったので星野源の「ドラえもん」購入しました。どどどどどどどど。

**************

カテゴリー: 日帰り旅行(京都、奈良、三重~東海・関西) | コメントをどうぞ

カキイレドキ

2月のこと。伊勢から鳥羽からパールロードを通りロード沿いの浦村の地へ。牡蠣養殖で有名な場所ですので、このシーズンは牡蠣食べ放題の店がたくさん。

今年はノロウイルス出て営業停止になった牡蠣店が近くにあってNEWSになっていたけれどそんなの関係ないくらいどこの店も大繁盛。牡蠣だけにカキイレドキ。

この日に予約して行った店は、焼きがき、蒸しがき食べ放題。カキフライ、牡蠣飯、牡蠣汁、牡蠣佃煮、牡蠣煮味噌付き3000円/一時間半。

対抗困難な田舎の細道を少し通り海沿いまで進むと牡蠣小屋(小屋と言っても200人は入れてそれが満席)。駐車場も満。

ここは客が自分で焼く店はではなく焼き場・巨大蒸し鍋のところに行ってバットいっぱいの牡蠣をガサッともらってくるシステム。フジツボや緑色の付いた殻の牡蠣もありワイルドだぜ~(ちょっと当たるのコワイ…)。軍手と牡蠣ナイフを装備しスタート。

10名ほどの団体で行ったので、各自、自家製タルタルソースや食べるラー油、柚子ポン酢、チーズ、日本酒などを持ちより(飲み物、調味料持ち込み自由です)味をかえながら牡蠣三昧。一個100円として目標は30個。

制限時間90分ですが30分くらい過ぎた時点でもうお腹いっぱい。何個食べたかは数えてませんがカキフライ、味噌煮、佃煮などだけでも15個くらいはいっていたので3,40個は食べたと思います(食べれば食べるほど当たる確率高くなるぜ…と思いながら)。

とりあえず1日で、しばらく牡蠣はノーサンキューなくらい食べさせてもらいました。来年以降でまた今度は違うスタイルの牡蠣店にも行ってみたいなと思いました。

*

3月初めに公開された映画ドラえもん『のび太の宝島』を観てフレンチトーストをしずかちゃんが美味しそうに食べていたのに触発され子ども二人連れてコメダ珈琲店にランチに行きました。ざんねんながらメニューになかったので期間限定シロノワール キュートってのをオーダーしました。

あまおういちご餡とソフトクリームのしあわせ。

ちなみに、この日の夜にくら寿司にいったら、そこでフレンチトーストがありました…。

最近買った1枚♪the best of R.E.M.

デビューから初期の作品を集めた1992年発売のbestアルバムです。

*******************************

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

刺激を受けた2日間

羽生ゆづる選手の最高の演技と大きな金メダルすばらしかったですね。このNEWSをスマホの速報で知りましたが、その時、その裏でうちの次男(4)の演技を観ていました。幼稚園の発表会(1300人収容の大ホールで行われるフェスティバルと言う一大イベント)。今まで合唱もダンスもふざけた演技しかしてこなかった型にはまらない男、動かない男がついに過去最高のパフォーマンスを魅せてくれました。合唱では「ほっぺにちゅっ、けんかのあと~は~♪」とニコニコご機嫌できちんと唄い、振りも完璧でした、111点。合奏はいちばんイージーな楽器なカスタネット担当でしたが的確にリズムを刻んでいました。ダンスでは登場前の舞台袖からノリノリ姿を見せてくれ『ステキなにちようび』と言う曲にあわせいっしょうけんめい舞台をちょこまか動いていました。初めて見せてくれた次男坊のがんばり姿にメダルをあげたいと思いました。

_20180218_2223242051580431711734146.jpg

この日の朝は朝で長男(7)の小学校の土曜授業あり、“6年生を送る会”のダシモノであるスイミー音楽劇の練習風景を親が30分見学することができ行ってきました。その翌日の体操教室では初めて跳び箱が跳べた所を見せてくれ、兄弟ともぐんぐん成長していることが知れた2日間でした。

この土日は、オリンピックのアスリート、自分の子どもたちの頑張りを見て、アラフォーの自分も頑張らねば…と考えさせられました。

自分とは次元が違いすぎるのですが、スノーボードの平野選手にしても、怪我や逆境、精神的にも肉体的にも苦しい時を乗り越えJUMPし成功をつかみとっています。辛いことの先には幸せしかない―と羽生くんはインタビューで言っていました。若いアスリート達に(自分に)勝つことを教えてもらい、40代葛西選手にいくつになっても挑戦し続ける姿勢を見せてもらい、スピードスケートの小平奈緒選手に戦う女子の強さを見せてもらい、また、ぐんぐん成長している子どもたちの姿にも、やる気をもらい、自分も頑張らねばと考えた2日間でした。

今日の一曲♪ 芽吹く季節

いつまでも このままで終わる ぼくじゃない
ひそやかに 芽吹く季節(とき) じっと信じてる

誰だって さみしくて 心 傷ついて
うつむいてしまうけど だけど 夢見てる

明日すぐに 開かなくても きっと やさしい風が吹くから
あきらめないで あたためてゆこう 目覚めるたび ふくらむから

*****************************************

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ぼくが目になろう。~参観と観覧~

子の授業参観に行った。wifeが会議があるので仕事休めないとのことで。こくごでスイミー。一番うしろの席に座っていた息子(小1)。手もあげて、しっかり答えていて家でのぐうたらな振る舞いとは大違いでしっかりやっていた。

スイミーと言えば ・・自分が小学5年生のとき、6年生を送る会の出し物として劇をしたのを思い出す。自分がスイミーの役、ひとり黒い服を着て。体育館は終始ざわざわしていて大きな声を出していたつもりだけれどザワザワにかきけされ観覧者には届いていなかった少し苦い記憶。黒いズボンも二学年くらい前に履いていたものでパッツンパッツンで前のチャックも閉まらないような代物だったほろ苦い記憶。スイミーは思い出。

そんなスイミーの授業を子どもが受けているのを観れて良かった。

こくご と言えば、本を読むことだが、昨年はマンガばかり読んでいて本を読む回数が激減してしまっていた。手っとり早い現実逃避のツールとしてマンガを読むようになったこと、そしてAmazonのタブレットで無料でマンガをダウンロードできる環境があったことが原因。

本を読まないと、自分の頭で考えたり、アイデアとアイデアを結び付けたりすることが無くなりがち、blog書くこともしなくなりがち。

今年は本を読もう。ベタにベストセラーの『君たちはどう生きるか』を買ってみた。マンガ+文章なのでリハビリにはちょうど良い。

*

参観は25人クラスの規模だったが、その1週前、日本ガイシホール(名古屋)に観客1万人ほどのイベント観覧に行った。
27331680_1381865788585602_713536498807441075_n『ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合』 NHKのEテレの幼児向け番組人気キャラ出演のスペシャルステージである。ワンワン、サボさん、コッシー、オフロスキーは知ってたけど、ジャンジャン、かぞえてんぐ、ウィンディというキャラは知らなかった。BSで放送されている『おとうさんといっしょ』を観たことがないし。かぞえてんぐ と言うのは、横山だいすけお兄さんだった。サボさん が達者だった、ワワワワー(クロちゃん)とか、なんでだろう~とか芸人のギャグをパクってた(笑)。ジャンジャンもなかなかアドリブきく犬だった。

最近は、仕事のせいで目の疲れがひどい、市販の高めの目薬を毎日さしている。健康診断で眼圧検査の異常も出ていたので再検査にも行かねばならない。本を読むのも、参観も観覧も目が大事。

今日の一曲♪俺たちの明日/エレファントカシマシ

***************************

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

しごとはじめ

仕事はじめは4日(木)でした。5日の(金)いって、三連休初日の6日(土)は休日出勤。

そして7日(日)も“ しごと”でした。

子どもたちの【しごとはじめ】でした。初キッザニア!甲子園!

前日に、16時からの入場を予約し、ららぽーと甲子園に。

①まずは弟リクエストの消防署!

おー消防車に乗り込みホントに動いて火災現場まで出動するんや~。

放水もしっかり。

②次はお兄ちゃん第一希望の科学研究所。

白衣を渡されラボが始まる直前にまさかのお兄ちゃん「お腹痛い、痛い(泣)」とトイレにかけ込み泣きべそ、下痢になったようす、これはしごと欠勤か!?と半分あきらめましたが、なんとか後半から出所。ピペットで液体吸ったり、攪拌したり、なんかいっちょ前に研究者っぽいことしている(笑)


顕微鏡で菌をみて、ノロウイルスのこととか教えてもらっている。下痢のくせに(笑)。

そして最後にヤクルトを飲んで終了。ヤクルトの乳酸菌が効いてか、お腹痛いのはおさまり良かったです。

③ガソリンスタンド

バイトリーダーの貫禄でお兄ちゃんキビキビ動く。オーライ!

英語で働く回だったようで掛け声も「See you!」とかEnglishで。

④警備センター

警棒もってヤー!ちびっこ警備隊(笑)


お兄ちゃん副リーダーを仰せつかる、地図持ってみんなをひっぱり先頭を歩いてゆく、目的地の大使館通りすぎる(笑)そして帰りも出発地の警備センターを通りすぎる失態(笑)

街を歩き警備するちびっこ隊員。

⑤石けん工場

牛乳石鹸の作り方を学び、工場機器のボタンやレバーを押して製造しました。

⑥デパート(お客として)

自分で仕事して稼いだお金(キッザ)で高島屋でお買い物。それぞれ、えんぴつ と マーカーを購入しました。

⑦銀行(お客として)

子どもだけで口座つくって余ったお金を預け入れ、クレジットカードをもらい、キッザニアのサイフもらいました。各パビリオンの中に大人は入れず、子どもたちだけで働くシステム。この間、4歳になったばかりの自由人(おとうと)が、みんなの仕事の邪魔をしないか心配でしたが、ちゃんとできていたので安心しました。キッザニアの街は大人には狭いですが、子どもたちにとっては大きな体験ができる成長の場になるのでまた連れて行ってあげたいと思いました。

この日は夕ごはんも食べず、21時まで働き続けました。家についたのは午前1時前。あー、よく働いた。ブラック? 子どもに負けぬよう、自分も仕事ガンバろう!

働く人への5曲♪

働くリアル/ゲスの極み乙女

リーマンズロック/高橋優

地上の星/中島みゆき

おつかれさまの国/斉藤和義

明日があるさ/ウルフルズ

**********************************************

カテゴリー: しごと とか, チャレンジ&体験, 日帰り旅行(京都、奈良、三重~東海・関西) | コメントをどうぞ

夢のある年末年始~海底2万マイルから天空まで~

あけましておめでとうございます。

2018年元日は東京からのスタートでした。

サンシャイン60でスカッとSkyでいちふじGET。富士山頂を真上から観られる床面モニタもありました。

遡ること2日、12月30日は逆に沼津深海水族館シーラカンスミュージアムで薄暗い年末旅行でした。

でも、深海のあと向かったホテルはキラキラしていて最上階の部屋でした。東京ベイ舞浜クラブリゾート※写真はエレベーターから。

dsc_16384499905725503428391.jpg

31日の大晦日はディズニーシーへ。エントランス抜けてから荘厳なBGM、そして目の前にドーンとあらわれる夢の世界にテンションあがる!

2018年の干支のプルートがいて一緒に写真も撮ってもらいーの。

その後、ニモのアトラクションのファストパスに走り、タートルトークの列に並んでいる途中、次男はしゃいで転んで顔面着地で鼻血ブー。雨もあたってきてテンションだださがり↓↓。入り口近くまで逆戻りで救護室にお世話になることになりました。

なかなかお世話になることない救護室を利用させてもらえディズニースタッフの方のホスピタリティを実感させてもらえたことは良かったです。途中まで並んでいたタートルトークも裏ルートから通していただきホントありがたかったです。

海底2万マイルまで下がったテンションもニモのアトラクションで復活し、また夢の世界へ戻ることができました。

_20180104_0045435384763124682197391.jpg

次男に装備したミッキーグッズ、売店で買ったミッキー手袋をわずか1時間くらいで落とし紛失し、お金出したwifeのプロメテウス火山が噴火寸前に(笑)

大晦日は18時に閉園で、20時からカウントダウンで再開園。

この日はラプトルがフロントでチェックインしてくれる“変なホテル”に宿泊。

ティラノサウルスいたり、部屋にいる卵型ロボットのタピアとお話したりジャンケンしたり子どもは気に入っていたようでした。子どもがシーラカンスフィギュアを抱いて眠る部屋からディズニーのカウントダウンの花火の音と欠片だけ見て2018年の幕開け、冒頭で東京スタートと言いましたがほんとうは千葉の変なホテルでの年明けでした。

でも朝から気持ちよく晴れた中、BGMに『希望の轍』が流れ、首都高を爽快に走れて良い年始でした。池袋で降り、福袋に並ぶ都会人?を横目にサンシャイン60を目指し展望台へ。

サンシャイン水族館で天空のペンギン観て帰りました。

dscpdc_0002_burst20180101123838030_cover2874521283676038630.jpg

深海水族館、ディズニーシー、池袋のビルの上のサンシャイン水族館と海つながり、海底から天空まで楽しんだ良い3日間でありました。夢では無いですが、日常とかけ離れた夢のような旅行。一富士、二に鷹は見られずペンギン(笑)、三には帰りのPAで家康鯛天丼と言うのを頼んだらナスの天ぷら付いていてコンプリート惜しかったです(富士山、鷹、なすびは家康が好んだモノとの説もあるようてます)。とんびは沼津で見たのですが鷹はなかなか見れなかったですね。

*

翌日からは、100円のチューハイ飲みながらハッピーターンたべて、100円回転寿司に行く日常に戻り。これが現実。

 

今日の一曲♪希望の轍/サザンオールスターズ

*****

カテゴリー: 旅行 | コメントをどうぞ